相続とは

遺言書は作成することは重要?


遺言は相続において、最も優先されるものです。 遺言書を作成しておけば、被相続人が亡くなった後も、財産をどのように 分配するのかということを示すことができ、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。相続問題で紛争になる主な原因は、故人の意思をはっきり伝えていなかったためです。明確な意思表示をし、争いのタネを残さないことが残された家族への思いやりといえます。

付言事項とは?

遺言書を書くのはもちろんのことですが、もう一つ考えて頂きたいことは…「付言事項」です。遺言に付け足す“あとがき”のようなもので、法的に効力をもつものではありません。 しかし、次のような内容を残すことで、ご家族が納得した相続ができると考えております。

  1. どうして遺言を書こうと思ったのか。
  2. どうしてこのような遺言の内容にしたのか。
  3. 家族へ伝えておきたいこと(感謝の言葉等)。

では、具体的にどのような人が遺言書作成をした方がいいのでしょう? 次の遺言書作成必要度チェックで確認してみましょう!

相続は時間が勝負です。様々な手続きがあり、複雑です。お困りの際は専門家にご相談することをオススメします!

TEL番号小